読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の残像V〜北鎌倉篇〜

大森元気 web log vol.5 - since nov.2016

10年後の春、始まりの予感

音楽とことば ライブレポ・セットリスト

 f:id:kitakamadays:20170323130401j:plain

先日3/19、渋谷SMiLEにお越しくださった皆様、ありがとうございました。

バンドでのライブとしては昨年夏以来。そしてこの4人の組み合わせは初。ということで、実質、新バンド・初ライブだったのですが、そんな気が全然しなくて、お客さんやタイバンのみんなからも同様のことを言われました。「長いことやってるバンドみたかった」って。嬉しい言葉でした。

f:id:kitakamadays:20170323130322j:plain

特に、梨っちゃん(岡田梨沙ex.D.W.ニコルズ)とは、何度か書いているとおり10年前にバンドを組んでいました。

1人ユニット化した残像カフェが、いろんな人の意見でよく分からなくなって、もう一度スリーピースがやりたくなり結成、相当のめり込んで、実験的なこともたくさん、アイデアも次から次へと湧いて来たし残像そっちのけでかなり濃密な時期でした。そのあと再々始動した残像カフェのサポートもしてもらってモノノフルーツとともに2度のツアーを回ったのも非常に良い思い出です。

f:id:kitakamadays:20170323130217j:plain

去年末から今年にかけて、梨っちゃんのニコルズ卒業ライブを観に行ったり、結婚パーティーにも出席、先日はとあるライブでも偶然遭遇して、久しぶりに話す機会ができて。それで脱退はしたし結婚もしたけど、引退するわけではないし、むしろフットワーク軽くどんどん活動していきたいという話を聞いて。

ちょうど僕も先延ばし中のレコーディングのオファーをしようとしていたところで。そうこうするうちにライブの話が舞い込んだので「久しぶりにやってよ!」「やりたい!」という感じでバンドが実現したのでした。

f:id:kitakamadays:20170323130137j:plain

いやはや、先日も書きましたが懐かしさは最初だけで、あとはもう曲に対して普通に夢中になるだけでしたね。もちろんそれぞれに色々なことがあった10年間だったけれど、音を出してしまえば当時の感覚そのままでした。ツーと言えばカーではないけれど、いろんなことを分かってもらえる感すごいです。

実を言うと、10年前よりだいぶ冷静になれたかなと思ったりしていたんですが(笑)、それはリハだけで本番が始まったら突っ走りまくってましたね(苦笑)。そしてそれに燃えながらついてきてくれる梨っちゃん。

「あたらしい日々」で(というかその前のMCから)ひそかにうるっと来ていたり、初リハの前に歌詞を全部読み返してくれて「センチメンタルボーイ」なんて名付けてくれたり。この10年メジャーシーンで大活躍の梨っちゃんですが、遠いところへ行っちゃってませんでした笑

f:id:kitakamadays:20170323130508j:plain

ベースのトウゴ君とは4年半ぶり2回目でした。残像カフェの曲ってブラックミュージック的な渋いグルーヴと、曲のキーとなるキャッチーなフレーズの両方を必要とする曲が多いのです。トウゴ君のベースは、残像の大友くんのキャラクターとは違うけれど、うまいこと広げてくれて昇華してくれるなあと思いました。ルックスだけじゃなくプレイもイケメンです(笑

リズム隊として梨っちゃんとの相性もよくて。もっとやってったらどんどん熟成していけると思いました。

そしてみんみん氏の鍵盤とコーラスも大活躍。曲をきちんと理解し、表現し、必要とあらば鬼完コピしてくれて。僕のギターが安心して自由に動き回れるのはみんみん氏の好サポートのおかげですね。

f:id:kitakamadays:20170323130338j:plain

またやりましょうよ、とステージ上で梨っちゃんに言われて、全員同じ気持ちで、(...そういえばスガタさんとのバンドのときもみんなそう言ってくれて、なんて僕は贅沢者なんでしょう。)それで終わったあとにも具体的にアイデアを出したりして、ああこれ、なんかバンドっぽいなあ!と。

まだお知らせできることはないけれど、きっと近いうちに再会できるはずです!

f:id:kitakamadays:20170323130413j:plain

セットリスト

1.瞬間Ⅱ
2.3月のシーン
3.boys & girls
4.サクラサク
5.きみのいる春の景色
6.日なたにて
7.あたらしい日々
En.4月のことば~endroll

2017.03.19@喫茶SMiLE,SHIBUYA

f:id:kitakamadays:20170323130251j:plain

写真もほぼ10年ぶりのreiさんが撮ってくれました。そういえば対バンのユーグレ・ウォータルーの面々も梨っちゃんと古い仲。そういうわけで何だか同窓会みたいな夜だったのだけど、これからのことばかりを思ったし、やっぱり強がりじゃなく、懐古ではなかったのです。

いろんなことが一周して、みんな大人になって、歳とって、再会して。あの頃いつも悩んだり、酔いどれたり、痛々しかったりそんな毎日だったけど、今はそれぞれの場所でみんな暮らしていて、少しだけ穏やかに、それでもあの頃の熱さも忘れてなくて。歳を取るのも悪いことばかりじゃないなと思ったのでした。

f:id:kitakamadays:20170324073421j:plain

「大森さん今が良いですよ、3年前とかじゃなくて今が」って言われて。多分本当にそうなんだろうなぁと思うんです。昔は昔で若さゆえのエネルギーはそりゃぁ物凄かったけれど、気分的には今が一番いいかもなあ。

音楽を続けることと生活をすることのバランスや方法を探し、もがいていたこの数年間でした。やっと整い始めて、戻って来れた気がします。またここからまた未来に向けて動き出したいなと、鼻息荒くしております。

長文になっちゃいましたが、そんな風に思えた夜でした。まぁ、春の魔法のせいかもしれないけどね。

 

ライブ情報 (※今回の編成ではありません)
■2017.4.8(SUN) 鎌倉・海沿いのキコリ食堂
Bar RAM 19th Anniversary Party
【Musicians】東京ローカル・ホンク / Hotel Congress / MOtSSN&森ちゃん /
大森元気×宮下広輔 / 大久保理 / Quinn Thompson / サンルーム
18:00start

■2017.5.14(SUN) 鎌倉・moln[モルン]
【出演】fishing with john / 大森元気(ツーマン)
※大森元気は小編成のアコースティックバンドを予定。
18:30start