読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の残像V〜北鎌倉篇〜

大森元気 web log vol.5 - since nov.2016

鎌倉で歌うこと(明日お待ちしています)

f:id:kitakamadays:20170513145822j:plain

                     (画像:小田急HPより)

北鎌倉に住むのがまだなんとなくの夢でしかなかった去年。ふと下北沢駅でこのポスターを見つけて夢を膨らませていました。

江の電、いいなぁ、鎌倉、いいなぁ...なんて。

 

enokama.jp

その後、引越しが決まっていろいろ調べていると、「きたかまフェス」という手づくりフェスがあることを知りました。北鎌倉のお寺など複数開場で行うライブイベント。ワークショップやフードのお店も出て、緑と歴史あふれる北鎌倉を、てくてく移動しながら楽しめる素敵なフェスでした。

こんなのに出れたらいいなぁなんてまたもや想いを馳せ。

きたかまフェス(キタカマフェス・北鎌フェス)

 

ふと、そのきたかまフェスの主催者に「コータ&とまそん」というアーティスト名が書いてあって、あれ、もしかしたら?と思っていたら、昔何度か対バンしたオトナモードのとまそん君でした。最近の活動を追っていなかったから、こんな凄いことやってるんだ!とびっくりしました。

 

今年に入り、冒頭のポスターに関連して小田急と江の電のPR動画がSNSで流れて来ました。その音楽を担当していたのもコータ&とまそんで、鎌倉の動画とがっつり連動した楽曲で、本人達も出演していて。

うおー、すごいなぁと。尊敬の眼差しで動画を何度も観ちゃいました。


江の島・鎌倉エリアプロモーション「江ノ電で、会いにゆく。」WEB動画「Sound of ENODEN」

 

これらのわくわくするような仕事が出来るのは、もちろん良い楽曲や演奏が上手いことも必要だけど、それだけじゃなくて、鉄道会社や、いろんなお店や、会場となるお寺などに足繁く通って、信頼を得て、巻き込んでいったことが大きくて。それは本当に地道で、手間で、大変なことだろうなと思ったのです。

 

自分も、鎌倉に移り住んだからには、鎌倉で地に足のついた活動をし、鎌倉のイベントといえばすぐお声がかかるようになりたいし、鎌倉以外の人たちには鎌倉の素晴らしさを伝えていけたらいいなと思っています。

 

まだまだ動き出したばかりだし、これからの頑張り次第だけれど、そんなことを思っています。

 

f:id:kitakamadays:20170513151124j:plain 

その前哨戦が、先月のバーRAMの周年パーティーで、本格的な一歩が明日のモルンさんでのツーマンライブだと思っています。

 

鎌倉近辺の人も、それ以外の人も、ぜひ見届けてもらいたいなぁと。そしてよかったら応援してもらえたらと。

 

鎌倉は東京からでも簡単に来られるし、気軽に遊びに行ってみようかなと思ってもらえたらいいなぁ。

 

ちなみに、明日は由比ヶ浜でプチロックフェスティバルという生音フェスもあります。

www.kprf.jp

これとハシゴ可能な時間なので、それもまたいいかと!是非お気軽に〜

 

‪2017.5.14(SUN)‬

鎌倉moln[モルン] 鎌倉駅徒歩1分(線路沿い)

「貸切り図書館45冊目」

18:00open / 18:30start

¥2500(drink別)

【出演】大森元気 / fishing with john (ツーマン)

大森元気には宮下広輔・くりすあすかが参加します。おすすめの本を語りながらのライブとなります。

 

f:id:kitakamadays:20170513151204j:plain