読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の残像V〜北鎌倉篇〜

大森元気 web log vol.5 - since nov.2016

海を見つけた日〜天空カフェ「樹ガーデン」へ

”海を見るだけで何か変わるかもしれない” 以前も紹介した、ぼくの「江ノ島」という曲の歌詞ですが。海なし県である栃木県に生まれ育ち、上京してからも特に海の近くにいたわけではないので、海は見るたびに感動し、本当に憧れなのです。 少し前になりますが…

春の足音〜小梅ちゃんまだまだ夜は寒いからさ〜

朝晩はまだまだ寒いですが、確実に春来てますよ。気まぐれのあったかい日の回数も増えてきたし、寒い日でも風は確実に柔らかくなってきてますね。花粉もすでに飛び始めたようで。さらに金曜日には春一番かも?という予報も出ています。 恐らく気温としては東…

新春の鶴岡八幡宮、ちょっと不思議な鎌倉のバス

年末年始の交通制限 移住して初めて知ったのですが、年末年始の鎌倉は鶴岡八幡宮を中心に広範囲で交通規制が行なわれるのですね。下の地図の ・赤い部分→歩行者専用道路 ・ピンク→路線バス・タクシー専用道路 ・緑→車両通行制限(居住者・駐車場等をもつ事業…

北鎌倉で初詣 (八雲神社〜葛原岡神社)

北鎌倉駅のすぐ北にある八雲神社は、この辺り(山ノ内)の氏神様だそうです。新年と移住のご挨拶もかねて初めて訪れました。山ノ内を一望できる小山の上にあり、見晴らし素晴らしかったです。 八雲神社鳥居正面。由緒ある神社ですが元日にも関わらず人もまばら…

謹賀新年 2017〜北鎌倉で見る初日の出〜

2017年、あけましておめでとうございます。昨年は本当に激動の一年でした。お世話になった皆様、遠くから気にかけて下さった皆様、ありがとうございました。 蒔いた種を今年はいろいろと育てていきたいと思います。暮らしを充実させること、仕事もそれ以外も…

年末あれこれ(レンバイに鎌倉野菜を買いに)

年末のあれこれを駆け足で。 北鎌倉から銭洗弁天を抜けて鎌倉へ至る道すがら。葛原岡神社の参道は初詣のために提灯が飾られていました。 鎌倉・小町通りは早くも新春の装い。 レンバイにて鎌倉野菜を購入。 大船では外で鯛焼いてました。気になっている観音…

北鎌倉への道のり~導かれるように~(後篇)

■内見の予約(1回目)前編で書いたようにほぼ理想の物件にめぐり合うことができたわけですが、応募者殺到なのでは?と思うのと同時に、こんなにいい話はないんじゃないか?と少し勘ぐってしまいました。つまりは「おとり物件」のこと。問い合わせたときによ…

北鎌倉への道のり~導かれるように~(前篇)

■あの街この街「導かれるように」なんて大袈裟なタイトルを付けてしまいましたが、そんなふうに言いたくなるくらい幸運が重なった入居までの道のりでした。 以前の記事にも書きましたが、鎌倉への移住は「なんとなくの夢」程度だったので、決心するまでには…

北鎌倉にやって来た

ついに北鎌倉にやって来ました。引越し自体はスムーズだったのですが、その前後がいろいろバタバタすぎて、まだまだ落ち着かない日々を過ごしています。町の風景も、山の空気も、我が家の庭も全部最高なのですが、ひとまず着いた瞬間に玄関先で迎えてくれた…

鎌倉に恋して(後編)

高校を卒業して東京に出てきました。その冬に大学のサークルの何人かで日帰り旅行したのが小6ぶりに訪れた鎌倉でした。それからもたびたび訪れるようになって。12歳のとき夢見た鎌倉は何度訪れてもその魅力を失うことなく、むしろその奥深さに惹き込まれてい…

鎌倉に恋して(前編)

鎌倉との出会いは12歳の春。小学校の修学旅行でした。記憶は断片的なんだけど、歴史の授業が大好きだったということもありいたく気に入ってしまったみたい。それでその年の秋に家族旅行で再び江ノ島・鎌倉に連れてってもらいました。材木座海岸近くの宿を取…

暮らし始める(ブログリニューアルスタート)

思いきって、東京を出ることにした。そして、長年憧れ続けてきた町に住むことにしました。たとえば京都に行き「住みたくなった」と言い出すような、最初はそんなミーハーなノリで、でもずっとなんとなく20年くらい思っていた。仕事が変わり、音楽活動のペー…